■ 最新の自動車と開発中の技術

日本に最初に導入された自動車は自動車は電気自動車でした。



最新のエンジン技術

低速域でも高速域dもそれぞれに力を発揮するようなエンジンの開発は、 コンピューターを自動車に搭載することで可能になりました。 さらにコンピュータは、センサーによる情報を元にしてえ、燃料の噴射量の細かな 調節や、タイミングの制御も行い、燃費の向上や、排気ガス中に含まれる有害物質の低減にも役立っています。 トヨタプリウスに採用されたのは、エンジンとモーターとの連係によって、充電と放電を繰り返しながら 走るハイブリッドシステムです。 現在では、トヨタ車の他にも多くの自動車に搭載されています。

これからのエンジン

これからの自動車のエンジンとしては、ガソリン以外の燃料、エタノール、天然ガスを使ったものの開発が進んでいます。 また、究極のエンジンとして、世界中の自動車メーカーがしのぎを削っているのが、 燃料電池システムです。 燃料電池自動車は、水素を空気中の酸素と化学反応させて得た電気エネルギーを使用して モーターを回転させて走る自動車です。 燃料電池によって排出されるのは水です。

燃料電池自動車は、すでにトヨタとホンダが形式認定の取得を申請しました。 将来の自動車の動力源として最も期待されていることもあり、 海外の自動車メーカーでも研究開発には熱心です。 しかし、ながら燃料電池自動車の商業生産にはまだ、メドがついておりません。

自動車もカードで買う時代

従来は、ブラックカード等でないとカードで自動車を買うということはできなかったのですが、 クレジットカードのサービス面も進化してきて、普通のカードでの支払いOKのディーラーも 出てきています。 漢方スタイルクラブカード は最近デビューしたクレカですけど、なかなか優秀なカードです。