うつ病かなと思ったら治療してくれるクリニックへGO

うつの症状

病院での治療を必要とするような、本格的なうつの症状について、押さえておきましょう。その症状が軽いうちに治療することこそが大切です。早期発見、早期治療が合言葉なのです。

詳細を確認する

主な治療内容

うつ病を治療するための方法として主なものは、「投薬」です。うつの状態から心を回復させることが出来るという効果を持った薬があって、病院などで処方してもらうことが出来るようになっているのです。

詳細を確認する

認知行動療法

うつの治療方法のひとつとしてあるのが、「認知行動療法」というものです。これは、うつに特有の心の動きを解明し、これを自然な形に戻すために行われる治療のことです。薬とは一味違った治療方法だといえるでしょう。

詳細を確認する

リラックスすること

うつ病の方はがんばってはいけません

うつ病は誰しもなる確率のある病気です。 なんだか、体に力がはいらなくなってきて、やる気が急に落ちてずっと何もしたくなるような状態です。 男性の場合は性欲がなくなったりすることもあります。 注意することは、精神論でやる気出せば大丈夫と思って、がんばってしまうとうつ病がよけいに深刻になってくるかもしれません。 なのでうつ病かなと思いはじめたら、治療のために気軽に精神科など受診するといいと思います。精神科といいますと若干敷居が高いようなイメージですが、内科に行くような気軽な感じでいくといいです。 また、診断してもらってうつ病じゃない場合もあるかもしれないですが、それはそれで良しとしましょう。 とりあえずうつ病になった自分を責めないことです。

病になったら治療を優先するべきです

うつ病になったら、精神科にいくといいですが、いろいろなお医者さんがいるのでもしかしたら、誤診をしてしまうこともあります。 お医者さんも人間ですので、仕方がないです。 その場合は、また違う精神化を探してみるのもいいと思います。 うつ病の治療には抗うつ剤が使われると思います。 基本的に抗うつ剤はすぐにうつ病を治療できるわけではなく、何ヶ月も飲んでだんだん治療につながっていくようなお薬です。 またその間できればお仕事が休めれば、長期休暇をとることをおすすめします。 病を患っている状態で働くのは会社にとっても自分にとってもためにならないからです。 病院で処方されたお薬を飲んだら、好きな音楽を聴いたり、久しぶりにゲームをするのもいいかもしれません。

うつ病のサインについて

朝がつらかったり、夜眠れなくなったり、急に身だしなみにかまわなくなったり、元気が出ず、今まで楽しみにしていた所へも出かける気がなくなったり。そういった落ち込みや気分の変化は誰にでも経験があるものです。 しかし、そんな症状のなかに「うつ」のサインが隠れている可能性があります。 憂鬱な状態が2〜3日で落ち着くようなら大丈夫ですが、2週間以上続いたり、身体にも不調が現れて来た場合、「うつ」のサインであることを疑ったほうがいいでしょう。 また、上記のような事だけでなく、テレビや新聞などを見ても面白く感じられなくなったり、人と話すことがおっくうになったり、集中力が低下し、注意力が散漫になったりすることも、「うつ」のサインの可能性があります。

休養すること

うつ病は心の疲労によって起こる病気であり、有効な治療方法のひとつとしては「十分な休養」が挙げられます。投薬などの方法を受けながら、しっかりと心を休めてあげるということが、何よりも大切なのです。

詳細を確認する

ストレスの解消

うつの治療にあたっては、その原因となっている「ストレス」の根を断つということが必要です。心の荷をおろし、負担を少しでも軽くすることで、うつという症状から解放されるのです。

詳細を確認する

オススメリンク