うつ病かなと思ったら治療してくれるクリニックへGO

ストレスの解消

うつ治療のために心の負担を取り除きましょう

うつの治療には休むことが必要です。くすりによる治療や心理療法など治療方法は様々ありますが、何れにしても「ゆっくり休むこと」が必要不可欠なのです。つまり、うつ状態の人は、ストレスが多い状態ということです。それが心理面なのか肉体面なのか差はありますが、何れも無理なストレスが積み重なった結果としてうつに陥るのです。 またその場合、周囲の人に出来ることは、「頑張れ」「甘えるな」という言葉を言わないことです。うつ状態の人を責めることは、悪循環を招きますし、相手も精神的に追い詰められていくのです。しっかり休んでほしいという言葉をかけてあげてください。必要があればご家族に診てもらったり入院するなり検討してみてください。

誤診などの問題点もあります

ただしうつの診断には問題もあります。 うつと一度診断されれば、それが全ての免罪符となってしまうからです。うつは目に見える病気でもなく、自己申告であるため、嘘をつくことも可能です。そうして嘘によって免罪符を手に入れる人も少なくないのではないでしょうか。 鬱と鬱状態は明確に違うと言われていますが、私自身も体験したように、鬱というのは一度起こったら自分でどうこう出来る問題ではありません。身体が動かないのです。それを責められるのは辛いものです。しかし僕は鬱状態も体験しています。こちらは自分でなんとかすることが出来るのです。近い将来この差が可視化されるようになると言われていますが、そうなるとうつ治療は大分スムーズになるかもしれませんね。