うつ病かなと思ったら治療してくれるクリニックへGO

主な治療内容

うつ病の治療内容について

うつ病の治療内容はそのほとんどが薬物投与によって行われます。薬を使うと聞くと何となく怖い印象があるという人もいるかもしれませんが、実際にそういった医療機関で処方されているのはうつ病の人が陥りやすい気分の浮き沈みを極力抑えるもの、はたまた睡眠障害の症状を抑えるような睡眠薬といったものばかりです。決して体に危険が及ぶような薬が処方されることはないのでその点は心配は無用です。 さらに、最近では副作用が少ない、より効果的な薬も使われるようになったので世間の薬に対する抵抗は少なくなってきているように思われます。 うつ病の治療に欠かせないのはこれらの薬の継続的な服用です。薬の種類によっては飲み始めてから一定期間後から効果が出てくるというものもあるので、医師の判断を信じて、処方された薬はしっかりと飲み切るということを心掛けるようにしましょう。

医師との信頼関係とポイント

うつ病の治療に不可欠になるのは主治医との信頼関係です。というのも、うつ病を発症した人の中には治療中にいきなり医師からもらった薬の服用をやめたり、受診しなかったりするという人もいます。薬を飲み始めてから症状がなくなり、うつが治ったと自己判断してしまうというケースも少なくありません。 ただ、それはあくまで薬のおかげであって、薬の効果がきれれば元の状態に戻ってしまう可能性があります。時には急に薬を飲まなくなったことで逆に症状を悪化させることにもなってしまうため、非常に危険なのです。 うつ病の治療で肝心なのは不用意な自己判断はしないということ、そして何より主治医を信頼してその治療計画に沿った薬の服用、カウンセリングなどを行うということです。